レギュレーターの時計は柱の数は1つではなく、3つ有るのが特徴です。かなり珍しいタイプと言えます。

お気に入り!月の満ち欠けを表示する時計

レギュレーターの時計の特徴

アナログ型の時計には、もちろん針がついています。アナログ型は、タイプは非常に多彩なものです。1般的なアナログ型のタイプのウォッチでは、盤面にある針はすべて1ヶ所に集中しているものです。1つの柱に対して、3つの針が設置されているものです。1つの柱の3つの針が、同時に回転しているものなのですが。

ところが、中にはそうでないタイプのウォッチもあります。1つの柱というよりも、3つの柱が設置されているタイプもあるのです。それぞれが独立した柱になっていて、それぞれに設置されている針の意味も異なってくるわけです。柱Aは時針であり、柱Bは分針などといった具合です。したがってそれぞれの柱に設置されている針の回転速度も、異なっているものです。上記の例では、もちろんBの方が回転速度が早いものです。このタイプの時計は、レギュレーターと表現されることがあります。数あるウォッチの中でも、かなり特殊なタイプだといえます。私たちが見慣れているものは、1つの柱に対して針が設置されているものです。それだけに、このレギュレーターのタイプは慣れない内はちょっと戸惑うかもしれません。逆に慣れると、案外と使いやすいタイプなのかもしれませんが。

Copyright (C)2017お気に入り!月の満ち欠けを表示する時計.All rights reserved.